まめのんきの猫背日誌

マメにノンキにやりたいと願う、都祁の自然食品屋まめのんき店主の些事争論な日々。

休業します

義父介護のため

2月より喫茶 都祁人休業します。

 

今後は、

様子を見つつ

イベントのあるときに営業したりです。

 

都祁交流センター3月の上映会。

f:id:mamenonki:20190125113202j:plain

f:id:mamenonki:20190125113212j:plain

個人的に宮沢りえさん好き!

3月5日(火)10時~&14時~

前売一般1,000円(高校生以下900円)

当日一般1,300円(高校生以下1,200円)

子育て世代的には平日なのがうれしい!!

 

喫茶は休業ですが

キッズスペースのメンテナンスは続けていくので

f:id:mamenonki:20190118133340j:plain

図書館に本読みついで遊んでいってください。

リサイクル品も物色してね。

1月の営業日

『今年は〇〇する!』と心新たに誓った1月1日。

喉元過ぎればフェードアウト。

正月ってだけで人間変わるはずないよねーと。

 

スタート遅めの18日(金)初営業。

25日(金)も営業しております。

 

ちょっとやる気出して

f:id:mamenonki:20190118133336j:plain

キッズコーナーの玩具やリサイクル品を

ちゃんと整えてみました。

本以外の玩具&衣類&雑貨は持ち帰り自由。

f:id:mamenonki:20190118133340j:plain

子ども心くすぐる玩具ありまっせ~。

お近くに用事のある方は

何かのついでにチラッとのぞきに来てください。

 

りんご園の葉っぱを集める

スケジュールに空きができたので

奈良市田原地域にある

窪田りんご園さんのお手伝いに行きました。

 

落ちたりんごの葉っぱを集めて

園内に掘った穴に入れるという単純な作業。

f:id:mamenonki:20181220061904j:plain

ひとまず熊手でこんな感じに集める。

あとは、窪田さんが運搬車に乗せて穴に運ぶ。

 

今年出たりんごの病気を来年に残さないため。

窪田さんも今回初めての試みだそうです。

 

この作業の効果や是非はさておき

f:id:mamenonki:20181220061915j:plain

この広大なりんご園の葉っぱを集めてみようと。

ただただりんごの病気を防ぐために。

窪田さんのりんごへの愛情と情熱に敬服…。

 

りんごを育て

お米を育て

お茶も育て

お野菜まで育てる

そして地域のことなどその他諸々の仕事もこなす。

窪田さん、すごい…。

12月の営業日

12月…この月に入ると感じる焦燥感…。

落ち着いて日々を過ごしていきたいですね。

 

喫茶 都祁人、無事三年目に入りました。

今年はもう少しちゃんといろいろしたいと思います。

(↑目標ぼんやりしすぎ)

 

さて、今月の喫茶 都祁人営業日は

7日(金)→通常営業

14日(金)→通常営業

21日(金)~年末年始休業

新年は1月18日(金)から営業します。

勝手ばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

先日、本年度最後のりんご収穫。

『自然育児サークル☆キラキラ』と『奈良市の学校給食のおはなし』、

それぞれの有志メンバー総勢25人で

奈良市田原地域にある『窪田りんご園』さんの

りんごの木×3本のオーナーになったのは春のこと。

 

f:id:mamenonki:20181207103134j:plain

秋になるとりんごの木ははらはらと葉を落とし、

実だけが残ることをはじめて知りました。

 

果実は果樹のタマゴ。

生命力のつまったそのタマゴは

動物にとってそれはそれは魅力的な食料で…。

人間によって

果実が食料から嗜好品になったとき

美しく大きく甘い実を求めたとき

歯車がゆっくりと狂いだす。

 

需要と供給、

生産と自然、

現実と理想、

いろんなバランスを考える機会をくれました。

 

窪田さんの思い、

りんごの木の思い

私たちの思い、

そして自然という名の驚異。

f:id:mamenonki:20181207103145j:plain

成った実は

傷があってもなくても

大きくても小さくても

心から愛おしい。

11月の営業日

運動会・お祭り・イベント…、

一つ一つが終わっていき

残すところはイベントいくつか。

全て終われば見えるは年の瀬。

 

11月の喫茶 都祁人はイベントもあって少し不定期営業。

2日(金)→つげまつりの展示でカフェスペースを利用するため臨時休業

9日(金)→通常営業(9時~16時)

16日(金)→通常営業(9時~16時)

18日(日)→都祁高原マラソンにて臨時営業

23日(金)→祝日で休館日なので休業

30日(金)→通常営業(9時~16時)

 

先々週のことですが、

私の住む都祁白石町の國津神社で秋祭りがありました。

 

土曜日の午後&日曜日朝~夕方御神輿を引くという

最近にしては(!?)結構ハードなお祭り。

 

はじまりはご祈祷。

f:id:mamenonki:20181026140506j:plain

↑写真でわかるように

三人の子どもが肩車されています。

この三人は「乗り子」さんといわれ、

氏子一家の小学2年生か1年生になる子4人が選ばれ、

(今年は1人に不幸があり参加できず3人)

祭り期間中、屋外で足をつけません。

屋内にいる以外は青年団の肩車。

 

 

乗り子さんを乗せて出発!!

f:id:mamenonki:20181026140510j:plain

小学生が三人四人乗りこむと

御神輿の中はけっこう窮屈らしいよ…。

 

乗り子さん以外の小学生は引き子さん。

f:id:mamenonki:20181026140513j:plain

この御神輿、かなりの重量+乗り子さんということで

ものすごく重い…はず。

当然、動力ついてまへんねん。

青年団は下りも登りも必至。

子どもたちも平ら&登りは引っ張れ、下りは引っ張るなの大忙し。

 

二日間、町内を回って神社へご帰還。

そしてクライマックス。

 

二手に分かれた青年団たちで神輿の押し合いをし、

最後は…

f:id:mamenonki:20181026140516j:plain

持ち上げる!!!!!

この神輿、何キロあんねーん???

乗り子さんは太鼓をずっと叩き続ける。

体育会系怒号と拍手が飛び交い

祭りの終結に涙する青年団員もいて…。

 

いやー、当然のことながら青年団の負傷者多数。

それでも、白石町の平和と安全を祈って毎年行われる。

青年団と氏子の方々、子どもたちに心から感謝。

ありがたやー、ありがたや!!

10月の営業日

台風や地震が幾重にもかさなり、

大きな災害がいつ我が身に降りかかるのかと

心の底に薄暗い膜のようなものがはり続け、

もう一方で大きな被害なきことに感謝し、

そしてもう一方でこれ以上何も起こらないでくれと願い

さらに一方で今現在苦しい思いをされている人たちのことを思う。

 

喫茶 都祁人、10月も毎週金曜営業です。

 

台風といえば、

ご縁あって奈良市田原地域にある窪田りんご農園さんの

りんごの木オーナーになりました。

f:id:mamenonki:20181005120810j:plain

風で袋が外れて

先走って赤くなっちゃったり

 

f:id:mamenonki:20181005123757j:plain

たくさんのりんごが落ちちゃったり。

 

それでも、まだたくさんのりんごが残ってくれたので

せっせせっせと袋を外します。

袋を外すとたくさんのごみが出て

f:id:mamenonki:20181005124440j:plain

ヒトは何かしようとしたら

高い確率でごみを出してしまうんだよなーなどと

ぼんやり考える。

 

環境に負担かけながら日々生きている。

だからといって決定的な何かができるわけじゃないけど

いつも気にしておきたい。

娘が手首を折りました

先週末、小学1年生の娘が

高いところからダイブして

左手首を骨折しました。

 

左手でドンッと着地したらしく

左手首の骨は驚愕するほど押しつぶされていました。

 

歪んだ骨を元に戻すため

針金を通す手術が必要。

 

レントゲンだとか

CTスキャンだとか

抗生物質だとか

そんなことにもやもやしている母をよそに

コトはどんどん進んでいき。

 

手術直前、

看護師問う、

『手術、お母さんも一緒にいてもらう?』

娘曰く、

『一人でがんばる』。

f:id:mamenonki:20180911185918j:plain

なんだよ、もう、泣けるやん…。

 

一時間と満たない手術だったけど

ちゃんと手術前に名前も生年月日もハッキリ言えたんだって。

 

怪我したことは痛かったし

彼女も私も不幸だったのかもしれないけど

得たものは大きかった。