読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのんきの猫背日誌

マメにノンキにやりたいと願う、都祁の自然食品屋まめのんき店主の些事争論な日々。

クリーンセンターにゴミを持ち込む

古民家たるもの

片づければ荒ゴミが出る。

 

都祁に移住して早4年。

先日、はじめて奈良市のクリーンセンター、

正式には環境清美センターへ

不燃ゴミを持ち込みました。

 

家庭だろうが事業だろうがとにかくゴミという名の不要物。

その後どう処理されてるかよぉ知らんけど

目の前から消えるとすっきりする。

同じ系統やと、道で息絶える動物の死体とかね。

行政系にいてたから知ってるけど

都祁レベルの田舎やと

普通に近所の役場の人が

動物の死体回収に行ってるねんでー。

スコップ持ってね!

 

脱線しました。

んで、家で出た荒ごみ抱えて環境清美センターへ行った話。

最終的な話をすると、

「なんてことでしょう~!!」ってほどに対応がいいんです。

オイラの年代の清掃車職員さんイメージから

すごく無骨すごく粗野なトコかと思ってました。

そういうことはまったくなく、

受け付けの後、矢印に従って進むと

各分別のカテゴリで

年配の職員さん中心に(シルバー人材かな!?)

非常ににこやかに気持ちよく対応してくれます。

 

たちこめる異臭

山積みになった住民たちのゴミ…、

職場環境としては決してよくありません。

まだ春やからええけど、夏場はかなりキツイはず。

 

「あー、それは燃えるゴミでええんやで」

とやさしくおしえてくれて

一緒に重いゴミを下してくれる。

古い農業用品を捨てる私に

「えらい年代もんやな。懐かしいなぁ~。農業やってんの?」

と笑顔で話かけてくれる。

 

ゴミってなんでしょうか?

どうしたらいいんでしょうか?

出るもんやからどうしようもないけど、

ええとか悪いとかよくわからへんけど、

意味もなく何か頭が曇る…。

 

一般的な不燃物は収集車が回収にきてくれますが

それでもみなさん、

ときどきはクリーンセンターに持ち込みをしてください。

そして、ごみに携わる人たちやその現場を見てください!!