読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのんきの猫背日誌

マメにノンキにやりたいと願う、都祁の自然食品屋まめのんき店主の些事争論な日々。

新メニュー☆こめかすてら登場します

明後日の20日(金)営業日より

不定期にですが

喫茶お菓子メニューに

都祁でうまれたお米のお菓子『こめかすてら』が加わります。

 

f:id:mamenonki:20170118054106j:plain

 

こめかすてらは、

私が「都祁のお米でつくった都祁銘菓を考えてほしい!」という

呆然とするほどぼんやりしすぎな願いを

大和高原を中心にご活躍の

『こころとからだにやさしいおかし ちこさん』が

試作をくりかえしくりかえして実現してくれた

米粉のお菓子。

小麦粉不使用。

※※※麦芽水あめを使用しているため、グルテンフリーではないです※※※

 

はじめて食べたときには

「膨張剤系は一切つかわず、

米粉とタマゴでここまでふんわりしっとりなるのか!?」

と畏れおののきひれ伏したものです。

 

私とちこさん、

知る人ぞ知る場所(!?)で

こめかすてらを出店販売などをしてきたのですが、

どうもカットして袋に詰めると(↑上の画像)

しっとりしているだけにペタッとしてしまい

本来のおいしさが味わえない…

とモヤッとな日々。

それはちこさんも同じ気持ちで…。

 

お皿でお客さまに出すこと、

袋づめするならば、できる限りカットせずに販売すること。

カタチ的にも値段的にもいろんな意味で

今のカット販売のほうが買いやすいのは分かっているけど、

つくり手、売り手のサガとしては

やっぱり、おいしいものを可能なかぎりおいしい状態で食べてほしいわけで。

 

そんなこんなで、

ちこさんと懇々と話し合った結果、

喫茶メニューに追加、

そしてもう一つ、出店販売のときにはハーフカット。

ハーフカットは、従来のもの6切れ分なので

お菓子にしてはかなり高価。2000円くらいかなぁ。

でも、その分、試食を出してしっかり納得して買ってもらおうと。

 

お客さまとつくり手&売り手、

立場違えば思いも違う。

試行錯誤していろいろやって

一番いい形で

たくさんの人にこめかすてらを食べてほしい。