読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめのんきの猫背日誌

マメにノンキにやりたいと願う、都祁の自然食品屋まめのんき店主の些事争論な日々。

文字変換の偏り

どうでもいい話

パソコンやスマホの文字変換、

生活スタイルがにじみでる。

 

はっこう→発酵

こうじ→麹

 

今や、どーやっても一発目がこうなる。

きっと、印刷関係の人は「発行」で

建築関係の人は「工事」なんやろね。

 

別にやましいことはないけど

迂闊にパソコンを人に貸せんなぁ…。

人のふり見て我がふりを知る

どうでもいい話

晴天の日曜日。

公園で娘と遊んでいると

ちょっと若めのご夫婦がお散歩。

3歳くらいと0歳のお子さんあり。

 

お父ちゃんが3歳の娘さんを抱えて

ターザンロープなる遊具で遊ばせてあげる。

ロープにぶらーんとぶらさがって

『あーああーー』と傾斜を下っていくやつ。

 

お父ちゃん、

娘っ子をよろこばせようと

ちょっと持っている手を離す。

もちろんお尻は支えてる。

 

それを見て嫁さんが

「ちょっと、あぶないやん、落ちたらどうすんのよ」と宣う。

 

お父ちゃん

「いや、ちゃんと尻は持ってるわ」←ちょっとご立腹。

 

嫁さん

「それでも、落ちるかも知れへんやろ」←かなり強引。

 

お父ちゃん

「チッ(←舌打ち)、めんどくせーな」←ちょっと小声

 

……。

 

あぁー、あるあるー。

分かっちゃいるけど、カチンときて文句言いたくなるときー。

若干、言いがかり的なんは分かってるんやけど、

もう言わずにいられない。

 

でもやっぱり、「そりゃぁ、お父ちゃんイラっとするやろー」と思たんで、

オイラ、反省します。

2月の営業日

喫茶 都祁人の営業日

早いもので年が明けてもう一ヶ月。

この勢いで還暦までいっちゃいましょう。

 

さて、喫茶 都祁人、2月の営業日です。

3日(金)

4日(土)

10日(金)

12日(日)

17日(金)

18日(土)

26日(日)

※営業時間は9時~16時。おおむねですが…※

 

2月26日(日)には、

なななんと都祁に大衆演劇がやってきます!!

f:id:mamenonki:20170131175940j:plain

 

私、大衆演劇に関する知識はまったくないんですが、

ジャニーズや宝塚に匹敵するほど

熱烈なファンを抱えるカテゴリーの芸能という勝手な認識を持っています。

こんなに近くに来てくれるんなら、チラリと見てみたいかも…。

何はともあれ前売り券、好評発売中~☆

お客様プレゼント

喫茶 都祁人(つげんちゅカフェ)

都祁でご活躍の陶芸家、木村あかねさんより

喫茶 都祁人へプレゼントをいただきました。

 

消しゴムはんこトライアルセット。

消しゴムはんこ用消しゴム

・トレーシングペーパー

・あかねさんのサンプルハンコ

の豪華3点セット。

f:id:mamenonki:20170123131123j:plain

ちょっと写り悪くてスンマセン…。

 

ご家庭でカッターナイフをご用意いただければ

貴方も消しゴムはんこデビュー☆

 

ご希望の方は、

お子様でも大人でも

喫茶 都祁人にご来店いただければ

無料でさしあげます。

※刃物をつかうので、お子様の場合は親御さんと一緒にトライしてください※

ちなみに限定8コ。

 

あかねさん、ありがとう~。

米田さんの器&こめかすてら入りました

喫茶 都祁人(つげんちゅカフェ)

都祁は小倉町の陶芸家、米田みゆきさんに

喫茶用の器をつくっていただきました。

f:id:mamenonki:20170121064845j:plain

カップ&ソーサー、そして菓子皿。

 

f:id:mamenonki:20170121064854j:plain

各10器ずつ。

 

器が変わるとお店の雰囲気が変わる変わる~☆

 

ちょうど同日に念願のこめかすてらも入荷。

f:id:mamenonki:20170121064859j:plain

早速お座りいただきました。

一皿200円也。

 

米田さんの器とこめかすてらをたのしみたい方は

ぜひぜひ都祁交流センター内、喫茶 都祁人へお越しください。

新メニュー☆こめかすてら登場します

喫茶 都祁人(つげんちゅカフェ)

明後日の20日(金)営業日より

不定期にですが

喫茶お菓子メニューに

都祁でうまれたお米のお菓子『こめかすてら』が加わります。

 

f:id:mamenonki:20170118054106j:plain

 

こめかすてらは、

私が「都祁のお米でつくった都祁銘菓を考えてほしい!」という

呆然とするほどぼんやりしすぎな願いを

大和高原を中心にご活躍の

『こころとからだにやさしいおかし ちこさん』が

試作をくりかえしくりかえして実現してくれた

米粉のお菓子。

小麦粉不使用。

※※※麦芽水あめを使用しているため、グルテンフリーではないです※※※

 

はじめて食べたときには

「膨張剤系は一切つかわず、

米粉とタマゴでここまでふんわりしっとりなるのか!?」

と畏れおののきひれ伏したものです。

 

私とちこさん、

知る人ぞ知る場所(!?)で

こめかすてらを出店販売などをしてきたのですが、

どうもカットして袋に詰めると(↑上の画像)

しっとりしているだけにペタッとしてしまい

本来のおいしさが味わえない…

とモヤッとな日々。

それはちこさんも同じ気持ちで…。

 

お皿でお客さまに出すこと、

袋づめするならば、できる限りカットせずに販売すること。

カタチ的にも値段的にもいろんな意味で

今のカット販売のほうが買いやすいのは分かっているけど、

つくり手、売り手のサガとしては

やっぱり、おいしいものを可能なかぎりおいしい状態で食べてほしいわけで。

 

そんなこんなで、

ちこさんと懇々と話し合った結果、

喫茶メニューに追加、

そしてもう一つ、出店販売のときにはハーフカット。

ハーフカットは、従来のもの6切れ分なので

お菓子にしてはかなり高価。2000円くらいかなぁ。

でも、その分、試食を出してしっかり納得して買ってもらおうと。

 

お客さまとつくり手&売り手、

立場違えば思いも違う。

試行錯誤していろいろやって

一番いい形で

たくさんの人にこめかすてらを食べてほしい。

娘に諭される

どうでもいい話

私:「最近さぁ、母ちゃん、ちょっとオナカ詰まり気味やねんなー」

娘:「お金は貯めや、ウンチは貯めな」

 

娘、もうすぐ5歳の冬。